2011年09月28日

ベビーリーフの水耕栽培

*ベビーリーフの水耕栽培*

今日もご訪問有難うございます゚・*:.。. .。.:*・゜

今年のゴールデンウイークに初めてベランダで野菜のプランター栽培に挑戦しました。

きゅうりやピーマン、トマトなどを無農薬で育ててみましたが、うどんこ病の手当てをしたりアブラムシやコナジラミなどの害虫との格闘の毎日でした(ё)))ニィニィ〜〜〜

原発事故の影響も考えなるべく雨に当てないようにしていましたが、大雨や台風の日はやはり完全に防げるわけでもなく…

それでも日に日に育ってゆき収穫できるようになるととても楽しくて晴れ

室内のハイドロカルチャーの観葉植物よりは手がかかりますが、1日20分ほどのお世話で、自分で育てた新鮮な野菜が食べられるのはなによりのご褒美ですヽ(´ー`)ノ

プランター栽培を始めた頃に「永田農法」のプランター栽培について書かれた本を読みました。


永田農法には「スパルタ農法」とか「水を制限する」とか色んな特徴がありますが、私の中に印象に残ったことは「液体肥料で育てる」ことと「日向土」という粒状の軽石を使うということでした。


「むむ?これはハイドロカルチャーみたいなもんかいな?」


我が家には大量に買い置きしてあるネオコールがあります。
液体肥料を手に入れれば水耕栽培で野菜ができるかも…

それから毎日ネットで情報を集め、まずは一番簡単そうなベビーリーフを育ててみました。

こちらが8月下旬に播いたベビーリーフです♪

DVC00163.JPG

栽培はいたって簡単で、ザルとボウルを重ねてにミリオンAと洗ったネオコール・水を7分目位まで入れて、パラパラと種を播きラップをかけて日陰に置きます。

芽が出揃ってきたらラップをはずし、希釈した液体肥料をボウルの3分の1位の量をキープしながら日当たりの良いところで育てます。

最初の頃は徒長気味で心配しましたが、成長につれてしっかりしてきました。

今までに2回収穫というか間引きというかサラダに使っています。

初めての水耕栽培は私的には大成功exclamation×2
少し密集させ過ぎたかな?(ノ´∀
`*)

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
posted by しろいるか at 14:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 水耕栽培 ベビーリーフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。